spring-boot-devtools

spring-boot-devtoolsを使って見たので備忘録として残します。
IDEAだと使うのにちょっと癖があるようです。

[広告]
[広告]

Controller等の変更によるホットデプロイに対応しようとしたのですが、諦め気味です。
というのも、どうもIDEAで対応しようとすると、
記述中に自動保存=>コンパイル=>ホットデプロイ
と走ってしまい、使い勝手が悪かったからです。

任意のタイミングで保存=>コンパイル=>ホットデプロイ
だったらよかったのですが、その設定を見つけられませんでした。。。
「Build project automatically」をチェックONにすると、数秒置きに自動保存&コンパイルとなってしまうんですね。。
いい設定が見つかったら追記したいと思います。


とりあえずThymeleafはspring-bootの再起動なしで行うための設定を記します。

build.gradle

・bootRunを追加。dependenciesに追加
// 以下を追加
bootRun {
    addResources = true
}

dependencies {
    compile('org.codehaus.groovy:groovy:2.4.12')

    compile('org.springframework.boot:spring-boot-starter-web')
    providedRuntime('org.springframework.boot:spring-boot-starter-tomcat')
    testCompile('org.springframework.boot:spring-boot-starter-test')
    compile('org.springframework.boot:spring-boot-starter-thymeleaf')
    compile('org.springframework.boot:spring-boot-starter-data-jpa')
    compile('com.h2database:h2:1.4.196')

    // 以下を追加
    providedRuntime('org.springframework.boot:spring-boot-devtools')
}
・addResources = trueを設定しないとThymeleafの変更が反映されませんでした。

application.properties

・Thymeleafのキャッシュを利用しないよう追加
spring.thymeleaf.cache=false

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。